×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ヤッターマンに深田恭子

サイトマップ

ヤッターマン映画、深田恭子のドロンジョ

オジサンたちには懐かしいTVアニメ「ヤッターマン」のリメイク版が日本テレビ系でスタートして以来再びブーム再燃の兆しを見せていますが、もうひとつ「ヤッターマン」の大きなトピックといえば、2009年春に公開された実写版映画の話題です。
なかでも「ドロンジョ」のキャスティングはいろいろ話題になりました。ヤッターマンファンの間で名前が挙げられてきた、杉本彩、小池栄子、土屋アンナなどや、一般投票で上位の 真木よう子、杉本彩、蒲生麻由などから、杉本彩が有望とされていましたが、以外にも「お姫様系」の深田恭子の抜擢となりました。ちなみに 深田恭子は一般投票132位とかなり圏外だったけど、ドラマ「富豪刑事」のゴージャス女刑事などのコスプレものや映画「下妻物語」のロリータ少女役での実績が認められ起用が決まりました。
実際に見てみると深田恭子のドロンジョ衣装はセクシーっていうかかなりヤバく、ヤッターマン映画の関係者も目のやりどころに困ったくらいだったそうです。
深キョンのハイレグボンテージ・・・一見の価値あり。

映画ヤッターマンの総製作費20億円、日活の社運をかけた大作

映画ヤッターマンは総製作費20億円をかけ、配給の日活が社運をかけた大作です。
メガホンを取る三池崇史監督は「ヤッターマンはドロンボー一味の印象が強いが、ヒーローがしっかり正義感をもって活躍することの基本から、キャスティングはいろいろ楽しめる設定になっています。
高田ガンには正義のヒーローらしい風ぼうを全身から発信させてないといけない」と“正統派アイドル”櫻井翔の起用理由を説明しています。原作に描かれているド派手なアクションがヤッターマンの人気の要因だけに、実写版でもそれがよく再現されています。
「ハチミツとクローバー」「木更津キャッツアイ」「黄色い涙」と3本の話題作に出演するなど、映画俳優としての地位を確立しつつあるようです。
「ドロンジョ」役は、意外な起用で話題になった女優の深田恭子。大きな仮面に大胆なコスチュームで「嵐」の櫻井翔が演じるヤッターマン1号と福田沙紀の2号に立ち向かいます。原作どおり、かなりのお色気系の演出です。
「トンズラー」役はケンドーコバヤシ、「ボヤッキー」役は生瀬勝久。

悪を倒し、決め文句の「ヤッターマンがいる限り、この世に悪は栄えない!」という叫びシーンも当然織り込まれ、1970年代テレビアニメのヤッターマンを観ていた子供達も、今や子持ちのパパになっている人も多いはず。

彼らが、子どもと一緒に「ヤッター、ヤッター、ヤッターマン!」と大声で叫べる映画に仕上がっています。

「ヤッターマンのドロンジョに深田恭子が超セクシーに登場!」について

実写版映画「ヤッターマン」のドロンジョ役の深田恭子はオヤジも納得の黒のミニドレスに金髪というセクシー衣装でした。

トライアルセット